責任

2013年1月16日

大阪の高校で、バスケット部の顧問の体罰が原因で生徒が自殺したという悲しい事件がありました
文部科学省は聞き取り調査を始めたと昨日のニュースで流れていましたが、今まで教育委員会や学校側は「事実が確認できなかった・・・」などと、言い訳がましいことに終始していました、しかし、生徒や保護者からの指摘があったにもかかわらず無視していたことなどが徐々に明らかになってきました
ましてや、体罰を加えたという顧問は、以前にも同様なことがあり、おまけに、この学校では他の部でも体罰の事実があったとのこと
この問題は、当事者の『責任』ということで、減給や解雇処分、あるいは何らかの刑罰などが科されるのでしょう
しかし、休部させられたバスケットボール部は強豪チームだとのこと、一生懸命青春をかけて練習に励んでいたのに大会にも出れなくなった他の部員の気持ちは・・・と考えると、亡くなった生徒さんもかわいそうですが、他の部員もかわそうです
いくら、関係者が責任をとっても亡くなった生徒さんは戻りません
同じ子を持つ親としては、やりどころのない焦燥感をおぼえます
『責任をとる』ということは、起らないような環境を整えることであり、今回のような教育委員会や学校側の隠蔽体質は、体罰をした顧問以上に責任があるのではないでしょうか?
ビンタが指導か体罰か?
どこまでが指導で、どこからが体罰か?
などなど、喧しいですが
『自分の子供』として考えてみれば・・・どうでしょう?