遺伝子

2013年2月12日

昨夜のテレビで、人気アナウンサーの安住さんが遺伝子のいろいろを紹介していました
曰く、人間と一番近いといわれる、チンパンジーとは、遺伝子の98.8%は同一である・・・!
安住さんが6回目にやっと成功したテレビでのゲームを、チンパンジーは1瞬で100%回答していました
生活環境の中での進化らしいのですが、素晴らしい能力だな?と感心しました
遺伝子は、多種多様なスイッチをオン・オフして各種細胞に分化していくのだそうですが、ノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞は、遺伝子のスイッチをリセットして初期細胞に戻した状態だとか
そこから、あらゆる細胞に変化させていく・・・
損傷した細胞を補うという、医学分野では全く新しい画期的な治療法ですね!
つまり、たった一個の卵子細胞から60億の細胞に分化して人間を創りあげる遺伝子は、とてつもなく『偉大』としか言いようがありません・・・
これからの、バランスチェックでの『遺伝子』との対話が、ますます楽しみになりました!!