ロウバイ

2013年2月20日

今日も冬型の気圧配置で冷え込んで、雪がチラついていますが
新潟市の鳥屋野潟湖畔で、春の息吹を伝える『ロウバイ』が咲き始めたそうです
寒い寒いといわれていても、季節は確実にめぐっています
あと一週間とちょっとで3月!
あの大震災から早くも2年・・・
長野の会員から「なにかボランティアができないだろうか?」という提言もありますし
チャリティー施術会を開こうという企画も会員のなかからでています
忘れないでいて下さるということは、まさに『赤心』ですね
ありがたいことです
これからも規模とか金額よりも、とにかく『続ける』ということで、『被災地のことを忘れてはいませんよ!』という想いを伝えていきましょう
先日も、仮設店舗の経営者が、「開設当時はバスでの団体もきたが、今はさっぱり・・・!」
日常での当たり前の商売や生活が一日も早く戻ってくるように、我々も自分のできる範囲で継続し『忘れてはいませんよ!』と発信していきたいものです