塾長挨拶

2014年2月1日

2月 如月(きさらぎ)

1月は居ぬ、2月は逃げる、3月は去る、と昔から年の初めは慌ただしいもののようですが、年の初めとはいっても年度
末の仕事もあることでしょうし、確定申告も始まり2月3月は気の抜けない日々が続きますね。

また、「如月(きさらぎ)」は「衣更着(きさらぎ)」ともあらわすそうです。2月は最も寒い月ですので、さらに衣を着るともとれますが、陰暦の2月は現在の3月半ばですから、寒さがぶりかえし、いったん脱いだ衣を更に着る月という説が本来の意味のようです。

なにはともあれ、今年はノロウィルスとインフルエンザが猛威を振るっています。乾燥と冷えに注意して栄養と休養をしっかりとりましょう!

 

赤ひげ塾では、『整体道の追及』という目的に一丸となって取り組んでいます。 ただ単に、整体を教える所ではありません。『塾』なのです。仲間と切磋琢磨しながら自分を磨き、向上させることで真摯に患者さんと向かい合える・・・

『開業』は簡単ですが、『営業』していくことは容易ではありません。失敗せずに安心して整体院を経営していくには・・・個人のチカラではなかなか大変です。仲間や組織のチカラをうまく使っていくことこそ成功の秘訣です。赤ひげ塾ではその応援体制を完備するべく組織力の充実を図っています。

他のどこにも無い『バランスチェック』という技を駆使し、患者さんの苦痛を起こしている真の原因をさぐりだして治癒に導く・・・ そんな、自分なりのバランス活性療法を創りあげてみませんか?