2014年6月1日

六月!! 沖縄・奄美地方は梅雨入りしたとのことですが、今年は全国的に梅雨入りも梅雨明けも今年はずれ込みそうだとの予測で、冷夏になりそうとも言われています。

六月は水無月ともいい、水の無い月と書きますが、水が無いわけではなく。「水の月」という意味だそうです。

6月の6日は芒種(ぼうしゅ)といい二十四節気の一つで稲を植える時期とされていて、田んぼには苗が植えられていますが、早稲品種の苗はだいぶ大きく育って、田んぼが緑の絨毯になっています。そろそろ「梅」の実も大きくなり「梅仕事」を楽しまれる方も多いことでしょう。

また、この時期は、「梅雨寒(つゆざむ)といって寒暖の差も大きく、暑さに慣れようと頑張っている身体にとってはつらい季節です。冷えや湿気により古傷が疼いたり痛んだりして憂鬱な時期ですが、半身浴や絹5本指の靴下を重ね履きして「冷え」に気をつけ、体調管理に気を配りたいものです。

 

現代社会はあらゆる商品がネットで買える時代ですが、健康や整体の施術はネットでは買えません。これは今後も変わらないでしょう。

また、我々整体師がいくら歪みを修正してあげても、冷えによる血行不良などを解消しないことには根本的な解決にはなりません。健康というものは患者さんと施術者の双方が協力し、タッグを組んで不調と立ち向かうという姿勢が大切です。