秋たけなわ!

2014年10月1日

秋たけなわ!

過ごしやすい季節になりました。
朝晩は寒いくらいですが、山から木枯らしがおりてくるのはまだまだ先です。
しかし、最近冬眠前の秋に栄養を蓄えなければならない「クマさん」が大量に山から下りてきて問題になっています。
エサになるブナの実の不作が原因らしいのですが、昨年の豊作で多くの子熊が生まれたのも原因の一つだとか・・・
エサが豊富な年は母グマの受胎率があがるのだそうです。自然界の摂理ですが、クマも危険な人里には近づきたくはないはずです、でも「背に腹は代えられぬ」というところでしょうか。春には私の家の近くでもクマがでましたし、市内で襲われて死亡した方や怪我をした方もいらっしゃいます。クマにとっても死活問題でしょうが人間とクマ双方が自然の中で共存していってほしいものです。

今年は、大雨による土砂災害が頻繁に起こりましたが、御嶽山の噴火にも驚かされました。特に紅葉の見ごろと土曜日ということで多くの方が登山していらっしゃって被害に遭われたようです。被害に遭われた方々の一日も早い回復と、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

さて、これからの過ごしやすい季節に、食欲も日に日に増してきますね!
新潟では「カキノモト」という食用菊の時期になりました。シャキシャキ感とほのかな甘みが美味しい菊の花です。色は赤紫で、目の疲れなどの回復に良いアントシアニンが多く含まれているそうです。黄色のものもあります。 
東北地方の秋田、山形、青森でも栽培はさかんですが、中越地方では「おもいのほか」とか「もってのほか」という、不思議な名前がついています。食べてみたら思いのほか美味しかったところからきたようですが、日本酒に合う秋の味覚です。
秋と言えば、「秋サケ」がスーパーマーケットに並び始めました。まだ「はらこ」も小ぶりですが、秋の到来を実感します。

クマさんではありませんが、冬にそなえて体力をつけておきましょう。インフルエンザウイルスに負けないように、冷え取りと秋の恵みをいただいての体力増強で免疫力を向上させておきましょう。