過去をテーマにした施術での改善例

2013年5月7日

20代女性。
主訴は急に首の左側が痛くなったが原因は思い当たらない。

普通どおり施術しても痛みが消えないので「過去」をさぐっていったところ明確に反応し、小学校5年生の時にケガをしていると出ました。

本人は覚えがないとのことでしたが過去をテーマにバランスチェックをしたところ、仙椎のリスティングが出たので修正すると、首の痛みは消えました。

後日母親に聞いたところ、確かにケガをして整骨院へ通っていたとのこと。
この症例は、現在のリスティングを修正しただけでは取れない過去の修正が必要だった例です。

鍼灸の世界には「過去の病を治療することによって現在が癒される」という言葉があります。まさにその例だったと思います。 

剣持塾長の報告


妊婦さんの腰痛・逆児の改善例

2013年5月7日

20代女性 妊娠8か月半ば。 
H20.1.16に腰痛と逆子で来院。

うつ伏せになれないので骨格模型でバランスチェック・仙椎の遠隔修正、足湯41度で15分。これで腰痛が解消。

2月に入って恥骨付近が痛くてよく歩けないとのこと、病院では「赤ちゃんが大きくなってきたせいだ」とのことで痛み止めを処方しようとしたが本人は胃が弱いので辞退したとのこと。

骨模型で遠隔チェックをしてみると、仙椎には異常なし、足湯のみに反応するので41度で20分足湯をしてバランスチェックすると異常なしと反応。

本人に確認すると痛みがすべて消えて非常に楽になったとのこと。
先日、来週入院の予定ですと足湯のみ施術に来院、逆子も治り経過は順調だそうです。

剣持塾長の報告


原因不明の症状が計5回の施術で改善!

2013年5月7日

高校2年生女子。 
主訴は、左手が上がらない。握力が右手に比べ極端に少ない(右45kg・左15kg)

治療歴は19年9月頃、喜多方市在住につき地元の病院でレントゲン・MRI等の検査をうけるも「異状なし」との診断。
本人は部活で新体操をしており、激しい動きのせいかも?医師からは部活を止められ、学校に行くのも嫌になり、だんだん性格も沈みがちとなり、心配した両親は会津若松市の病院で再度検査を受けさせた。

結果、異状なし。今度は脊髄から注射器で水(液)をとり検査したが原因はわからず。本人の苦しみは相当だったようで、二度と受けたくないとのこと。

10月下旬に仕事上の知人である父親から相談を受けたが、当時研修中の私は、とっさに剣持塾長に診てもらうことをすすめた。

半信半疑だった両親を説得し予約を取り、村上の総本部まで出向いてもらった。
福島県の喜多方市から2時間30分車で飛ばし、塾長の施術を受けたところ、なんと、その場で手が上がった。

本人は感動し『うそ・うそ』と言いながら母親に電話し、そして瀬波の海に向かって『ナオッタゾー』と叫んだそうです。
その後、塾長から私にバトンタッチをされ、2回の施術で握力が戻り都合5回の施術で回復した。

本人はもちろん付き添った父親、話を聞いた家族全員が塾長のスキルもさることながら、暖かい対応に大変感動されました。

東京在住の父親の妹も、現在東京本部でプロコースの研修を受けています。
本人は現在高3で、来年は看護専門学校に行き『看護師を目指す』と勉学に励んでおります。
もちろん自分で働けるようになったらバランス活性療法を習いたいと力強い宣言をしてくれました。

このことがきっかけとなり、噂がひろがり、本年の1月ごろから私の携帯に問合せが多くなり、施術依頼が出始めました。

昨年の11月に研修を修了したばかりの私には荷が重すぎると感じましたが、『一歩踏み出さなければ何も始まらない』と考え、塾長の教えのままに、自宅で、投資なし宣伝なしで、土曜・日曜・祝日限定、予約制で始めました。

研修中にモデルをお願いした方は約30名ですが、その方からの紹介やら施術を受けて快癒の方向に向かった方の口コミで、3月は延べ100名余りの施術を行いました。
4月も大挙予約の電話がありましたので、会社員の身では全員の方の要望に応えることはできませんので、平日は午後7時から2名程度、土・日・祝日は一日10人を限定としております。

また、興味のありそうな方には、プロコースの受講をすすめており、数名の方が受講の表明をしております。
福島県、特に会津はバランス活性療法の空白域ですので、仲間づくりは大切なことと自分の中で位置づけています。
まだスタートしたばかりですが、今後も困った方のお役に立てるように精進して行く所存ですので、変わらぬご指導を賜りますようよろしくお願いいたします。

福島県 I・Kさんより報告

塾長より・・・

この患者さんの紹介を受けた時に、まず、病院の検査を受けているか?その結果は?高校生なら「部活」は?とIさんに聞きました。

その結果病院では異状は認められない・・・という診断。
部活は新体操部で本人もかなり一生懸命取り組んでいたとのこと、これらの情報から仙椎の動きを予測していました。

チェックしてみると案の定予測していた動きをしていました。
そのあと何回か仙椎の修正をして基本療法を中心とした施術で別に特別なことをしたわけではありません。ちょうど「認定試験の内容」でした。


潜在意識との対話で過去の修正が反応!

2013年5月7日

50代女性。 
主訴は、左の腕が上がらない、左の仙腸関節あたりが痛い・・・など左側全体の不調です。

左の肩甲骨の動きはありませんでした。
施術メニューは週に1回、仙椎の修正と基本療法を中心としたものです。
10回目の施術のときですが、身体の歪み以外にも原因があるかと探ったところ“ある”と反応がでました。

原因は食べ物なのか、冷えなのか、姿勢なのか、片っ端からバランスチェックをしたところ、寝ている姿勢が良くないと反応します。
現在の姿勢からどうしたらよいのか問いかけると、現在の頭の向きを12時の位置だとみた場合3時の位置にするようにとの反応です。

ベッドで寝ているので向きを変えるのは難しいと仰っていましたが「寝る姿勢が悪いことまでわかるのですね」と感心してくださいました。

それから1か月後「あの時言われた意味が分かりました」との報告がありました。
以前の寝る位置だと右腕が壁に当たってしまい、知らず知らずのうちに体をまげて寝ていたのだそうです。

ベッドの向きは変えられないものの壁から離すことは出来たので、腕が当たらない位置まで離してみたところぐっすり眠れて身体の痛みも緩和されたそうです。

また、13回目の施術の時は現在だけでなく15年前の修正が必要だと出てきました。
そのことをお伝えすると「何かあったかしら?」とその時は思い出せない様子でしたが、後日思い当たることを見つけたそうです。
15年前に精神的に物凄く疲れる出来事があったとのことでした。

それほど前の原因が現在の痛みに関わっているとは・・・と驚かれていましたら、反応が出ることに私も驚きました。

東京都 I・Mさんより報告


本人も私も「えっ!!」とビックリ。

2013年5月7日

17歳男子高校生。 
主訴はつま先立ちをすると痛いとのこと。。

タップダンスの公演の稽古を毎日していた2007年10月に振り付けでつま先立ちをする部分があり、ある日つま先をつけると、痛くてしょうがないというので、基本療法後つま先の痛みをとるポイントをバランスチェックで調べました。

すると「頚椎」と反応。

応用手技の一つが良いと反応したので、施術を行いつま先を床につけて動かしてもらったところ、痛みが消えていました。。

本人も私も「えっ!!」とビックリ。タップダンスは足を床に強く叩きつけるので頚椎までひびいてくるのだろうと思いました。

東京都 T・Yさんより報告


臨床例8 「体質」に注目して著効を得た例

2013年5月7日

 8歳男児。患者さんから孫のねんざが全然治らないから診てほしいと依頼。お母さんが小学3年生の男の子を連れて来院。ねんざと聞いていたが足首の関節ではなくその上のほうに包帯を巻いており、歩行は痛みのためにびっこをひいている。  ねんざや打撲なら何とかなるだろうと思っていたが何か感じが違う。本人に聞くが、ねじったおぼえも打ったおぼえも無いとのこと。お母さんいわく、「よくこういう症状が下半身に出る」とのこと。

 施術を始めるが20分ほど進めてもまったく症状に変化がない。何度も確認させるがそのたびに痛そうに足を引いて歩く。施術が軽いだけに施術室の空気は重くなる。お母さんはしらけた感じで不信げにしている。完全に行き詰った感じ。足元でいつものごとく頭を抱える。

 ふと、問診のときにお母さんの話した「体質かも知れません」という言葉を思い出す。打ったりねじったりした覚えもないのに定期的にこの手の痛みを持つ・・・そういう体質があるかもしれないと思い、バランスチェックで「体質」を聞いてみると非常にいい反応が返ったため、そのSLを消去すると骨盤がきれいに整った。

 「ちょっと歩いてみて」。本人は「またか」という表情。でも、今度は明らかに足取りが変わっている。聞くと、痛みも軽くなっているという。

 これを2?3度繰り返した結果、痛みは完全に消え、足に体重をかけて歩いてもまったく平気になる。不思議なことだが、「体質」で施術しはじめると、右足の痛みが和らぐにつれ本人は眠くなり、施術中、完全に寝入ってしまった。お母さんは足の痛みが取れたことにも驚いていたが、本人が寝たことにはもっとびっくりしていた。昼寝など絶対にしない子らしい。症状が改善しはじめて起こるのだから、これも好転反応の一種だと思われる。

 2回目。右足の痛みは完全になくなるが、翌日から左足が痛みはじめ左後頭部にもイヤな痛みがあるとのこと。

 バランスチェックした瞬間、「あっ、寝るぞ」という予感。案の定、横になって3分もしないうちにグーグー眠りだす。その間に施術を済ませてしまうが、一向に起きる気配がない。お母さんが耳元で大声で名前を呼ぶがピクリともしない。静かな呼吸で本当にすやすや眠っている。声をかけても体を揺すっても起きないのでお母さんは少し心配な様子。

 わたしとしては、このまま眠らせておくほうがいいような気もしたが、お母さんの心配ももっともだと思う。仕方なく、寝ている子どもを後ろから抱きかかえて、大声で名前を呼びながら大きく揺さぶると、何かモゴモゴ言いながらやっと目を覚ます。でも、なかなか体を起こせないような状態。しばらくマットの上でボーッっとしていたが、おもむろに立ち上がってイスに座ると一声、「あー、よく寝たぁー」。時間にして30分も経っていなかったと思うが、それほど深い睡眠を味わっていたのではないかと思う。

 施術のほうもうまくいき、左足の痛みも左後頭部の痛みもなくなっていた。  体質改善のために、痛くても痛くなくても1ヵ月に1回は来ることになっているが、最近では痛む頻度も痛みの具合もずいぶん良くなっているとのこと。また、施術を始めてからお腹の調子も良くなっていると母親が喜んでいた。

講師「はずみ自然療法院」

新垣 俊幸(しんがき としゆき)


臨床例7 一回の施術で治ってしまった肋間神経痛

2013年5月7日

 患者さんは20代の女性。主訴は肋間神経痛

平成19年11月に内科を受診し、「肋間神経痛」と診断されたそうです。しかしその後、一向に良くならず、背中から胸にかけて周囲を回るようなピリピリとした痛みが、瞬間的、ときには持続的に起こりました。

最近では少し重い荷物なども持てなくなり、息をするだけで痛みが出て、仕事にも行けなくなってしまったとのことです。  痛みは1日たりとも治まることなく、当然、来院された日にも痛みがあり、施術前に痛みの確認をすると「今、現在も痛んでいる」との返事でした。

肋間神経痛とは、胸髄から出て胸腹部に分布する感覚神経である肋間神経痛が、脊髄から出るところで骨に触れたりして圧迫を受けて痛みが起こるとされていますが、実際には、はっきりした原因はわかっていません。はっきりした原因が解明されていない症状なだけに、手技療法で治せるかどうかは、やってみないとわからないということになります。  しかし、ここがほかの療法とバランス活性療法との最大の違い。この療法では施術前に「改善できるのかどうか」をチェックすることが可能なのです。

  それがバランス活性療法の「バランスチェック」という筋反射を利用した検査法です。さっそく、バランスチェックを行なうと、ずばり「改善可能」と出ました。   ちなみに、わたしはこのバランス活性療法を使いだす前にすでに施療院をやっており(主にカイロプラクティック)、解剖学や診断学などは当然勉強してきました。実際の施療にあたる際も、問診は最重視しております。それだけに見たてには充分に時間をかけ、あらゆる角度から見るようにしてきました。そのような西洋医学的観点で見てきたわたしでしたが、バランスチェックを行なうと納得せざるをえない明確な答えが返ってくるのです。

   施術では、まず最初に仙腸関節の調整を行ないました。その後、基本療法を軸に、必要と思われる手技をところどころに入れていきます。最初は少し緊張していた彼女の表情も、施術が進むほどに柔らかなものへと変わっていき、まったく痛みの伴わない手技に安心感を持っていただけたようです。   施術終了後にもう一度痛みの確認を行なったところ、「あれ?まったく痛くない!!息を吸っても吐いても何ともない!!」とのことでした。痛みが取れた喜びよりも、あれ?なんで?というような顔をされていたのが印象的。二ヵ月近く苦しんでいた痛みが、小一時間程でまったくなくなってしまったことに納得できないのかもしれません。

   その後、1週間後に来院していただいて経過を診たところ、順調で痛みの再発もないので、肋間神経痛の施療に関してはこれで終了となりました。ただ、そのあとも猫背を治して欲しいとの依頼があり、新たな施療がスタートしています。 

愛知県「ART BODY WORK」

山口 真五(やまぐち しんご)


臨床例6 軽い統合失調症が5ヵ月で改善

2013年5月7日

 最近、精神・神経症状の患者さんが特に多くなってきました。自律神経失調症、うつ病などにおいて共通した以下の特徴があります。胸椎3番のずれと、胸位置のずれ、尾骨の腹側のずれ(D)です。

 当方では最近、40代女性1人、20代男性2人を施術しておりますが、いずれも5?6回ほどで納得のいく結果が出ています。

 37歳女性。来院直前の3ヵ月ほど、軽い統合失調症との診断で精神科に入院、加療。退院後、お母さんと来院されました。

 焦点の定まらない目、会話も最初と終わりでつじつまが合わない状態で、正直、施術するわたしも自信がありませんでしたが、バランスチェックすると、エアレーション(赤ひげ塾独自の器具)の併用で施術回数25回、期間7ヵ月との結果だったため、お母さんにその結果をお伝えして施術の意思を確認しましたら、「お願いします」とのことでしたので、施術開始。  最初、仙椎底の極端な変位があり、施術中も4回ほど調整。患者さんご自身のスケジュールの関係上、1週間に1度の施術となりました。3回ほどは変化がなかったのですが、ご本人は「気持ちが良い」と来院を嫌がらないとのこと。

 4回目の来院の際、お母さんが「とうしても自分が家を留守にしなければならなくなり、心配しながらも(患者さんを)1人残して家を空けましたが、帰ってみると、今までやれたことがない家事や食事を一人でこなし、そのうえ孫(患者さんのお子さん)の面倒まで見ていた」と、びっくりするやらうれしいやらのご報告をくださいました。

 それ以後、一進一退はあったもののほぼ順調に進み、最初の施術から5ヵ月後、19回目のときには、無事就職もできたとのことでした。その後、仕事の兼ね合いもあり、3回ほどしか施術はしておりませんが、疲れを取る内容の施術がほとんどで、再発はしておりません。

講師「ほうとく自然療法院」
阿部 邦三(あべ くにぞう)


臨床例5 赤ちゃんができない悩みが見事に解消

2013年5月7日

 平成18年2月末、姑(わたしの患者さん)の紹介で来院したT・Nさん。15年ほど前から頭痛やめまいがあり、首、肩、腰の痛みや冷えも強く、さらには子宮筋腫を患っており生理痛もひどい――とのこと。  半年前に結婚するまでの約2年間、毎日8時間ほど行っていた職場でのパソコン作業によって、それらの症状はさらに悪化。今は痛みで首が回せない状態だといいます。  各回の施術前に足湯で冷えを取りつつ、週1回ペースで施術を行うことに。結果、5回目の施術終了後には、頭痛や首、肩の痛みはほとんど無し。生理痛も楽になっていました。さらに、4月の初めには、バランスチェックで「あとは(現在の仕事を続けている間は)月に1?2回のメンテナンスで良い」となったのです。  ところがそんなとき、彼女から「先生、実はわたし、赤ちゃんが欲しいんですけど・・・」という話が。聞けば、農家の長男の嫁ということもあって、周りから「早く跡継ぎを」と期待されているそうです。ご本人もご主人もその気ですが、結婚以来、今日までまったく妊娠の兆しが無いとのこと。  さっそくバランスチェックをしてみると、原因は冷えと仙骨の歪み。これまでの施術ですでにどちらもほぼ改善されているので、「今のペースで施術を続けていれば妊娠の可能性はあり」と出ます。その旨を伝えて希望を持たせたのですが、6月末の来院時には、「先生、今月も生理が来てしまいました・・・」と、気落ちしたように告げられました。  本人は精神的にかなり深刻なのだなと思い、再度、バランスチェック。今度は、より具体的に受胎可能な月まで特定してみました。  すると、「妊娠の可能性が一番高いのは今年の8月。もし8月に受胎しない場合には、(なぜかわかりませんが)来年の8月」と出ます。えっ、どうして?と何度もチェックをやり直すが答えは同じ。わたし自身、半信半疑で本人にその旨を伝えました。  7月、「今月もまた、生理があった・・・」と訴えられましたが、「あのネ、子供なんて神さまからの授かりもの。あまり意識し過ぎないほうがいいと思うよ」とアドバイス。  8?9月、月2回のペースでの施術。お互い、そのことには触れず。  10月。予約キャンセルの電話。  「先生、わたし妊娠しました。予定日は来年の6月だそうです!しばらくの間、施術を休みますね!!」とのこと。逆算してみて驚いた。妊娠したのはなんと8月!その後、「つわりがひどくて」と数回来院するも、施術後は順調に推移し、平成19年6月に無事女の子を出産しました。  その後、姑が来院したとき、「旦那(姑の長男)の出張で、1週間ほど嫁が来ていたけど、まあ元気でよく泣く、うるさい孫で・・・」と、それはうれしそうに話されていたのが印象的です。 那須道場・講師「バランス活性療法院こころ」 菅 政幸(すが まさゆき)


臨床例4 手術予定の逆子が1回の施術で正常分娩に!

2013年5月7日

来院される若い女性の患者さんたち。頭痛、肩こり、腰痛などに加えて、ここ数年、増加してきているのが強度の生理痛、不妊、流産といった婦人科のトラブルです。過度の労働など生活環境の変化による体質の悪化もあるのでしょうが、ほとんどの患者さんに共通しているのが強度の冷えとストレスの存在。次の症例もその一つです。

 平成18年7月10日に、定期的にメンテナンス通院していたN・Yさんからこんな旨の話がありました。 「嫁いでいる娘が第3子を妊娠。予定日は8月15日。先日、病院での検査で逆子と診断され、次回の検査(7月20日)で治っていなければそのまま入院、8月初めに手術による分娩を・・・と言われた」  N・Yさんの体を借りて娘さんをバランスチェックしてみると、逆子の原因は冷えと仙椎のダウンにあり、「仙椎の修正と足湯で逆子は治る!」と出ました。そこで、N・Yさんへの施術の合間に、娘さんへの遠隔施術も組み入れることに。

 施術後のバランスチェックでは、「これでOKだが、足湯を毎日1回、41.5℃で15分やること」と出ます。必ず足湯をさせるよう、母親に強く念を押しました。  7月19日、N・Yさんの来院日。逆子について、バランスチェックでは「治っている」と出ているが、念のために再度の遠隔施術。

 7月20日夜、N・Yさんから電話。 「今日、娘の検査でした。おかげさまで逆子は治っていました!あれほど切らなきゃダメだってお医者さんに言われていたのに、ホント、うそみたい!!」  その後、8月22日に、予定日よりやや遅れたものの無事に女児を出産したそうです。後日、娘さんいわく、「7月10日の遠隔施術の2?3日後に、逆子がなんとなく治ったような気がしたけど、足湯は毎日続けていました」とのこと。

那須道場・講師「バランス活性療法院こころ」
菅 政幸(すが まさゆき)