東京研修日曜プロコース(基本編)【受講生募集中】整体師の資格取得なら赤ひげ塾

2015年12月24日

378277_439614022795907_318835000_n

本講座の講師を務めます、剣持太智と申します。

普段は新潟にて整体院の経営と施術、研修を行なっております。

 

整体院には小さなお子さんから妊婦さん、お年寄り、医師や看護師など医療関係者の方々も通って下さり、毎日楽しく仕事をさせてもらっています。

最近では小学校や保育園・幼稚園にお招きいただき、講演をさせてもらう機会も増えました。

11082198_889008271140678_947834059026081123_o

また、赤ひげ塾の研修には脱サラの方から主婦の方、プロの方まで色んな方が学びに来られます。

色んな方がいらっしゃるので私の方が学ばせて頂くことも多く、共に学びあえるこの関係は寺子屋のように理想的です。

個性を生かし、それぞれが自身の理想とする整体師を目指し、私はみなさんと本気で向き合い、可能性から学ばせて頂き、その想いの実現のためのお手伝いをする。

赤ひげ「塾」と名付けたのも、まさに仲間と共に学んでいきたいという想いからでした。

10995703_889009617807210_886280849572881737_o

そしてプライベートでは妻と3人の子どもと共に、毎日ばたばたしながらも、楽しく過ごしています。

妻が「今日はずっとおんぶだったから肩が痛い~」なんていう時、すぐに診てあげられるのは整体師で良かったな~と思う瞬間ですね。そして、それを見ている子どもたちも時々真似事のような手つきで私の体に触れ、小さくもあたたかい手で癒してくれています。

 

さて、今でこそこうして充実し、幸せな毎日を送らせていただいている私ですが、整体師になった当初は「もう辞めよう、自分には向いていない…」と思い悩む毎日でした。

 

そもそも私が整体師を目指したのには、塾長である父の背中を幼いころから見ていたことが大きく影響しています。

 

毎日楽しそうに、そして多くの方に喜ばれている父の姿はとても魅力的に映りました。

 

大人になるという事、そして仕事というものはなんてカッコイイのか!

 

そんな風に憧れ、整体師の道を志したのでした。

 

 

しかし、理想と現実は違っていました。

 

治そう治そうと焦るほど、治らない患者さん。

 

塾長に教えを請うも、もらえるアドバイスは

 

「患者さんに真摯に向き合う事」

「体の声を聴く事」

 

といった事ばかり。

 

 

「そんなのわかってる」

「体の声も聴いている」

 

それでも治せない。

 

なぜだ??と悩み、苦しみました。21歳の頃です。

 

今思えば答えは明白です。

 

患者さんに向き合っている「つもり」

体の声も聴いている「つもり」

 

だったのです。

 

そもそも「治そう」というフィルターをかけて患者さんを診ていたことに問題がありました。

 

 

医学の祖、ヒポクラテスは言います。

 

「人の体の中には100人の名医がいる。我々医者の役割は、その名医の手伝いをすることだ。」と。

 

また、東洋医学では人体を小宇宙と捉え、自然の法則に従う事が最も健康に近づく方法であると説いています。

 

私はそれらを教えられていたにもかかわらず、「治そう」「治してあげよう」という傲慢な視点で患者さんに向き合っていました。

 

東洋医学の流れを持つバランス活性療法は、患者さんを「治す」のではなく、患者さんが「治る」のを助ける整体法なのです。

 

そのことに気付かされたのは、ある重症の患者さんが数回の整体で劇的な回復を見せたときでした。

とても喜ばしい事なのですが、私は不思議でならなかったのです。

なぜならこの患者さんに、私は特別な事は何もしていなかったからです。

 

状態が悪すぎて出来る事が少なく、骨盤と全身を整える基本的な技をごく軽く、数回行なっただけでした。

「どうして治ったのだろう?」

 

そう考えた時、研修時代に聞いた、塾長の言葉がよみがえりました。

 

「自己治癒力を高めることが回復の近道だ」

 

これまでの私は治そう治そうとしており、いわば患者さんの自己治癒力を全く信頼していない状態だったのです。

「私が何とかしてあげなければいけない。」

「この人は自分では治ることが出来ないのだ」と。

 

この考え方がすべての元凶でした。

 

特別なことをしないからこそ、シンプルに体の回復を助ける整体が行なえたからこそ、重症の患者さんが劇的な回復を見せたのでした。

 

そこから私の整体は変わりました。

と言うより、バランス活性療法が本来のチカラを発揮できるようになったというべきでしょうか。

 

「体はすごいチカラを秘めている」

 

これが私の考えるバランス活性療法の極意です。

 

今回のプロコース(基礎編)では、この極意である、全身を整える一連の手法「基本療法9種」をお伝えします。

 

悩み、苦しみ、受け継いだこの技術を、これから学ぶ方が最短距離で取得できるようお手伝いするのが私の役割です。

 

☑スキルアップをしたいというプロの方

→慣れれば15分ほどで行えるこの9種の手技は、施術に際しての患者さんのカラダのベース作りとしてとても有効です。あなたがいまお使いの手技の邪魔をすることなく、より効果を高めてくれるでしょう。

 

☑初めて整体の世界に入る未経験の方

→腰痛一つをとっても、整体の世界には無数の技があります。それは、原因によってアプローチが様々に異なるからです。しかし、「体は治り方を知っている」と考えた時、外から治そうとするのではなく、「内から治ろうとするのを助ける」と考えれば、自己治癒力を高めるバランス活性療法の「基本療法9種」は、あらゆる症状に対応できる手法と言えるでしょう。初めてこの世界に入る方にはぴったりの手法と考えます。

 

☑プロコースに興味があるが、ハードルが高いと感じる方

→まずはこの基礎編を受講してみてはいかがでしょうか。プロコースの受講の受講料は決して安い金額ではありません。納得いくまで検討・体験することをお勧めします。

なお、基礎編を受講の方は、プロコースには差額で編入できますのでご安心ください。

 

P1120705

今回の講座でさらに興味を持ち、より深く学びたいという方には、差額でプロコースに編入することもできます。

 

プロコースではバランス活性療法の3本柱である「基本療法9種」「バランスチェック」「骨盤修正」のすべてを習得することが出来ます。

「基本療法9種」は今回の基礎編でも学べますが、より深く使いこなすために、毎回復習と工夫を重ねていきます。

そして潜在意識から情報を引き出し、施術に応用する「バランスチェック」は、体の治るチカラを引き出すツールであり、無限の可能性を秘めた検査法です。

ここから「骨盤修正」や全身の調整、症状ごとの応用手技(73種類+α)などが派生していきます。

 

興味のある方は、まずはこの基礎編を受講してみてください。

東京本部研修はOBの参加も多く、先輩達との交流からも多くを学べる場です。

ご縁が繋がり、共に学べることを楽しみにしています。

11129693_889003044474534_2247859556492364863_o

赤ひげ塾 剣持太智

研修詳細

項 目 内 容
●入塾資格 年齢、性別、経験不問。
●研修終了までの期間

平成28年1月31日から3月27日まで。
全3回

●申込締切

2016年1月18日(月) 午後4時

募集定員  名  → 2名
※期日前でも定員に達した時点で締切となります。

●申し込み方法 赤ひげ塾総本部までご連絡ください
【赤ひげ塾総本部】
TEL:0254-52-1201(平日9時-17時まで)
FAX:0254-52-1205(24時間受付)
メール:info赤akahigejuku.com
※赤を@に変えてお送りください
 
◆研修費 ¥50,000-(税別・一括前納となります)(全3回・DVD・資料・修了証)
※赤ひげ会への入会は任意です(入会金5,000円、会費月額750円(税別))。

 

 

整体スクール赤ひげ塾の研修風景

研修内容 研修日程
1 基本療法・基本検査 1月31日
2 基本検査・基本療法(復習) 2月28日
3 足湯・復習・サプリメント 3月27日

 

会場】

赤ひげ会 東京セミナールーム

(東京都北区中里1-25-5 I.M中里ビル 301号室)

東京都北区中里1-25-5

 

●申し込み方法 赤ひげ塾総本部までご連絡ください
【赤ひげ塾総本部】
TEL:0254-52-1201(平日9時-17時まで)
FAX:0254-52-1205(24時間受付)
メール:info赤akahigejuku.com
※赤を@に変えてお送りください
 

 

 研修お申し込み

 申し込み締め切り:2016年1月18日(月) 午後4時
※期日前でも定員に達した時点で締切となります。

 

◆受講生の声

 

受講生の声 風間さん

受講生の声 小林さん

 

 研修お申し込み

 申し込み締め切り:2016年1月18日(月) 午後4時
※期日前でも定員に達した時点で締切となります。