侃々諤々(かんかんがくがく)

2009年2月18日

11日に名古屋市の公会堂での愛知県支部主催の練成会で、異種金属(10円玉と1円玉)を使って腰のズレや胃潰瘍などを治すという方法と、磁気の使い方や怖さなどを教えてきました。

戻ってきて2日後の14日は新潟道場での公開セミナー、13名の出席でした。
他に会員(OB)さんも多数出席してくださり、遠くは石川県からも熱心な会員さんがきてくださいました。ありがたいことです。
夜は、京都府舞鶴市からインターン研修に来ていらっしゃる会員さんと、スタッフを交えて食事会、その足で東京本部へ・・・

15日は東京本部での練成会を終えて、夜は東京にいる針灸師の息子夫婦と食事。いろいろと情報交換。

16日は午前10時から午後6時まで講師の認定試験でした。
福岡の梅野さんという男性が見事合格し、講師に認定されました。
講師の認定試験というのは、試験管を研修生に見立てて、実際に研修を行ってもらうもので、全てを網羅するので丸一日かかり、喋りっぱなしです。完全に理解していないと合格は難しい試験です、決して一夜漬けは通用しません。

17日は今作成中の研修資料の内容検討会! これが大変な作業でした!

現在使用している資料と内容は変わらないものの、表現を変えたりしたタタキ台を全国の講師に送って、意見を求めていました。
送り返していただいたご意見をもとに、一つ一つ内容の検討をしながら資料を作り上げていくということをしていたわけですが、本部講師3人と私の4人で延々16時間・・・・
今朝の2時までかかりました!
パソコンで修正しながら検討するのですが、4人それぞれに意見があり、自分の考えもあるので、侃々諤々の大論争に発展することもしばしば・・・

しかし、全国の講師から貴重な意見をいただけたことは大きな収穫でした。
『3人寄れば文殊の知恵』という言葉がありますが、赤ひげ塾には文殊様が大勢いらっしゃるわけですから、これからもその文殊様の力をお借りして、より良い研修資料を創ってより良い研修をしていきたいと思います。

今日、昼頃に帰ってきましたが明後日は大阪研修へ出発です。還暦を迎えてもヒマはありません。ありがたいことです。