NN運動

2009年3月4日

昨日あたりから、政治献金で不正があり民主党の小沢代表の秘書が逮捕されたということで、ニュース番組はその話題で持ちきりですね。

そもそも政治献金制度は、政治家が規制法を作ったものですから必ず抜け道を用意しているはずです、なぜなら自分たちの問題ですから不利になるようなコトはするはずがありません。同じようコトは政治家なら多かれ少なかれ誰でもやっていることではないでしょうか、事務所費の問題だってデタラメが横行しているみたいですし。

小沢代表も『不公平だ!、政治的意図を感じる』というようなことを言ってましたが、あながち間違っているとはおもえません、政治的なかけひきがあるのでしょう。

ただ、特捜部は『金額が大きいので・・とか、不慮の事態を避けるため』との説明のようですが、これを聞いてゾーッとしました。以前にも大物政治家に疑惑がおよばんとしたときに、金庫番といわれる秘書が自殺・・・ということがありましたね、そう身代わり、口封じです。怖いですね。

よく、街で見かける政治家のポスターも政党に属していなければ出せない仕組みになっているそうですね。無所属の国会議員に不利になる制度になっているそうです。

要は、自分たちさえよければ! という考えだけで動いているようにしか見えませんね、
国民は税金を納めるだけでいいのだ・・・でしょうか。

昔の商家は、家訓として『絶対に政治に首を突っ込んではならぬ』というような教えがあったそうです。
昔はイドベイ議員という言葉があって、政治家になったばかりに財産を食いつぶして、
井戸と塀しか残らなかったという人が結構いたそうですね。

今は、議員になれば家や財産ができるようです。

ニュースを見ていて、福島県を中心に展開されているNN運動の元である、会津藩の『什の掟』を思い出しました。
『ならぬことはならぬものです』の精神はどこへいったのでしょう。