日曜の夜

2009年3月15日

私の場合、日曜の夜というのは大抵出張やら仕事の帰りという事が多く、子供達も『日曜はお父さんのいない日だ』とずっと思っていたらしい。

今日も、さっき(9時40分頃)大阪から帰ってきたばかりです。

土曜・日曜と2コースの研修を終えて帰ってきたのですが、今日は神戸から見学希望の方がお見えになりました。
先日出た新刊本と前の本の2冊を読まれたとのことなので、話は早い。
要は本にすべて書いてあるので、あまりくどくどとした説明はせずに、研修会の雰囲気などを見ていただくようにしました。
そして、仙骨の修正と軽く基本療法を体験していただきましたが、腰痛と肩こりが無くなりビックリされていました。

いつも見学者には、一応一通りのことは説明しますが、大切なことは『その方がどのような想いできていらっしゃるか?』を感じ取って、その方にとって赤ひげ塾が何を提供できるかを説明するようにしています。
最も重視して説明するのは、バランスチェックによる診断法とアフターフォローの2点です。これがなければ赤ひげ塾の存在価値は無いと言っても過言ではありません。

整体業界もそろそろ『淘汰』の時代になってくるでしょう。漫然とマッサージまがいのことを教えていたり、内容に見合わないバカ高い授業料を取ったりするところは、一時は騙せても長続きしないことは明白です。

赤ひげ塾は、今後もきちんとした『商い』をやっていきます。