目標・計画・持続

2009年3月16日

各研修会場には、見学者がお見えになりますが、見学者とはいっても千差万別です。

最初からバンバン質問してくる方もいれば、何を聞いても、あまり返事のない方、最初から幾ら稼げるか・・・などなど。

基本的には無料案内書をご覧になっているか、赤ひげ本を読まれてから来ていらっしゃるので、昨日のブログでも書いたように『どういう想いなのか?』をお聞きします。

ポイントは、開業しても甘く考えていると失敗する率が高いということや、現在の仕事をいきなりやめない方がいいとか、常に向上心をもってないと置いていかれる・・などをお話していますが、要は失敗していただきたくないということに尽きるわけです。

ただ、いろいろな方にお会いして感じたことは、ちゃんと目標を持ってその達成のための計画があり、持続する気力のある方でないと成功はおぼつかないのではないでしょうか。

これはどんな仕事においても共通することですが、いくら目標や計画があったとしても、
それを遂行できる環境になければ無理なわけで、その意味でも我々赤ひげ塾の運営方針がその環境づくりにおいて大切な要素の一つになっていることは間違いありません。

この不況での話題の一つに派遣切りの問題がありました。
マスコミは国や会社の姿勢を糺す論評にあふれていましたが、はたしてそうでしょうか?

テレビである派遣労働者のインタビューを見ましたが、その人は『派遣として働くことが自分には一番快適なことだ』と言い切っていました。
『切られる前に自分で次を探しておく努力が大切だし、切られてから慌てるのではダメだ』とも言ってました。これも計画性だな・・と思いました。
また、別の人は『月収35万円くらいのときもあったが、まさか契約更新できなくなるとは思ってなかった。これからどうすればいいか不安だ・・』。これは対照的な例ですが、
まるで、童話の『蟻とキリギリス』の世界ともいえます。

整体業を目指すのなら、3年先、5年先、あるいは将来こうなりたいという明確な計画をもって勉強していただきたいと思います。以前、『リストラされたから整体で食べて生きたい、速習コースはないのか?』という、問い合わせがありましたが、そういう方は成功はおぼつかないでしょう。

赤ひげ塾は確固たる目標・計画のある方のために『持続』できるようにアフターフォローをこれからも充実させていこうと思っています。