WBC2連覇!!

2009年3月25日

昨日仕事をしながらテレビが気になって・・・!

すごい試合でしたね! しかもここまで2勝2敗の五分!!
まさに雌雄を決する大勝負でした。手に汗握る・・・とはこんな試合をいうのでしょう。

最後にイチローが決める! さすが! シナリオがあったとしても、こんなにうまくはいかないでしょう。 まさにドラマチックな展開でしたね! 

韓国もパワーがありますね、日本の選手より太めの選手が目立ったような気もしますが。

試合を見ていて感じたことは、こういう舞台で活躍できるということは、本人の能力や努力もさることながら『運』や『ツキ』というのもあるような気がしてなりません。

連続MVPに輝いた松坂投手も同じ事を言ってましたが、昨日のユニクロの柳井会長も『僕は運が良かった』と言っています。

柳井会長は、『運が来たなと思ったら自分でつかみにいったんです。よく言われるように、運というのは、、前髪しかない、後ろ髪はない。前もって考えて準備しておかないと運が来てもわからない。チャンスは人を選びません。誰にでも平等に来る。運をつかんだり、チャンスを活かすには決断が必要ですが、多くの人は決断ができない』・・・と。

私も『運が良かった』と、思っています。なぜなら、商売は1人ではできませんし、組織も一人で動かすことは不可能です。廻りのスタッフや会員に恵まれているおかげで赤ひげ塾はイキイキと動いていられるのです。

今回はオリンピックの時と比べて、全体に謙虚さを感じました。その差が今回の結果につながったのではないでしょうか?
闘志を前面に出すことも必要でしょうが、内に秘めたる闘志やネバリも農耕民族の得意とするところです。

テレビのチャンネルをあちらこちらと回して、わかりきった同じ場面をくり返し見ている自分を・・・おっさんだナア?と・・・