ユニクロの社長

2009年6月20日

先日、新聞のテレビ欄解説文の中に、ユニクロ社長の柳井正氏が話すという番組の紹介が載っていました。

その日のテーマは『主役は”知識労働者”』とあります。

柳井氏は、「これからは、ブルーカラーもホワイトカラーもない、すべての労働者が自分で考え行動する知識労働者たるべきだ・・・と主張する」とありました。

『自分で考えて行動する・・・』ということは、良いも悪いも自己責任だ・・・とも言えます。私たちみたいな整体業は誰かに頼るわけにもいかず、自分自身にチカラがついてこなけりゃ何ともならないわけで、それには『自ら求める努力』が大切なのですが、どこに・なにを・どういうふうに求めていったらいいのでしょうか・・・

開業するということは、一国一城の主としての責任と経営感覚がもとめられます。

整体業は治してナンボの世界ですから、治らない・・・治せない時には落ち込むのがあたりまえですが、そこで挫折するわけにはいきません。

解決に向けて、相談する『仲間や組織』が必要になってきます。

赤ひげ会はそんな仲間でありたい・・・と考えて運営しています。

自立と孤立は違います・・・孤立せずに自立しましょう!!