感動

2009年8月31日

『感動した!』  という名せりふで横綱貴乃花を表彰した総理大臣がいらっしゃいましたが、

昨日の総選挙では『感動!』、『落胆!』 と、悲喜こもごもな展開でした。

方や追い風、方や逆風・・・と与野党の攻防はいつに無く激しいものがあり、

それぞれの候補の必死な様子が伝わってきました。

選挙というものは1人の候補者の影に多くのスタッフや後援会組織の応援が

あって初めて戦えるもので、そこには『信頼』 という絆がなければ結束はないでしょう。

我々整体業に携わる者としても、患者さんとの信頼関係があってこそ、治癒に

導いていけるのであって、今回の選挙は色々な面で勉強になりました。

独りよがりでは信頼関係は構築できませんし、なによりも技術の向上も

望めません。 力いっぱい頑張ってこそ感動と信頼がえられるのではないでしょうか。


感動といえば、24時間テレビでのタレントの『いもとあやこ』さんが126.585キロ

ですか? 走りぬきました(歩きぬいたのかナ?)ね、時間内ではなかったのですが・・・

テレビでは感動の嵐状態でしたが、私は見ていて痛々しいという感じを受けました。

トレーニング期間も短く、付け焼刃の状態で本番とは・・・自殺行為では?

いかにタレントとはいえあれは『虐待』みたいですね。

満身創痍で頑張る・・・こととは意味が違うように思うのですが・・・

視聴率とれればナンデモアリなのでしょうか?

考えさせられた一夜でした。