エスペランサ

2010年10月15日

エスペランサ・・・希望という意味だそうです

希望を捨てずに69日間も地下700メートルで頑張った!

ただ、ただ・・・凄い・・・! としか、言いようが無いですね!

自分に置き換えてみると・・・

できるだろうか・・・?  考えられません

やはり最後に生還した方は、リーダーのルイス・ウルスアさんでした

出迎えた大統領に「もう、こんな事故はおこしてほしくない・・・」

と言ったそうですが、あくまでも落ち着いて見えました

堂々と33人の代表としての威厳を漂わせての会話でした

マスコミのインタビューがいくらとか、映画にするとか、本を出版すれば印税がいくらで、一人当たり・・・

いろいろ喧しい感じですが「俺達は有名人でも芸能人でもない、鉱山労働者だ」

名言です!!

自分を失わないということは、難しいことかもしれませんが、彼らなら大丈夫ではないでしょうか


23日の認定試験が終わって、夜の7時から新発田市の生涯学習センターへ

中村文昭氏の講演会を息子3人とともに聞いてきました

以前にも講演CDを聞いていたのですが、感動する内容でした

この講演はユーストリームで聴くことができます

『中村文昭・新発田』で良いようです

『何のために?』

講演でいただいた言葉です


家へ帰ってきて『何のために?』を反芻しながらチリの救出劇

気がつけばごろ寝

昨日の午前10時まで何が何だかわけもわからない感じで

目がウルウル・・・


夕刊で、救助隊員も全員2時間半後に帰還した・・・という記事を見て

ようやく私の一日は終わりました


『何のために』

これからの私の課題です