勉強

2010年11月22日

達人や名人・名工といわれる方や人間国宝に認定されるような方々には、えも言われぬ雰囲気・オーラを感じます

共通することは非常に『謙虚』ですね

決して『上から目線』ではありません

曰く、『一生勉強です』・『自分はまだまだです』・『日々進歩しています』・・・

そして『基本の大切さ』を説いていらっしゃいます

基本を学び通すことの大切さは、その後の展開における方向性を示す・・・と、いっておられた方がいらっしゃいましたが

まさに『守・破・離』の世界ですね


基本療法の9種類を学び尽くす・・・『守』

バランスチェックで新たな手技や手法を考える・・・『破』

仮説を立てて実証し自分なりの研究から施術を構築していく・・・『離』


学んだことをだけをやっていればよし! というのでは進歩もないし面白くないのでは??

整体道は『自分の可能性の追求』です、無限の可能性を開花させましょう!

先日、ある講師から・・・『守・破・離』のあとに、もう一度『守』がくるのでは・・・?

つまり、『最後は基本に戻る』のではないでしょうか・・・というお話がありました


奥深いですね・・・!


今日から名古屋へ出張です

中部地区の会員さん達との練習会です! 一緒に勉強してきます!



『何の為に?』

『会員さんの為』

『自分の為』