計画

2011年3月19日

私達は、明日の予定も含め今月、来月、今年、あるいは長期的に計画をたてていますが

今回の震災の被災者の皆さんは、明日の計画もたてられない現状でしょう

赤ひげ会の会員さんからも、「何かできることをしませんか?」というご提案もいただいておりますので、運営委員会で相談して何らかの計画を立てて行きたいと思っております


復興には長い時間がかかるものと思われます

私達には何ができるのか? 長期的な計画のもとに考えていきたいものです


昨日のニュースで、小学生がはぐれた両親を探して、名前を書いた紙をテレビカメラに向けて訴えていましたが、その健気な姿を見て・・・涙が止まりませんでした


新潟県、そして地元村上市にも避難所が開設されましたが、自治体が関与していない、自主的に避難しているところなどには、物資が一切行ってないところもあるとかで、会員さんの所属するサークルが必要な品々を集めていると聞き、毛布やカイロ、マスクなどを持って行っていただきましたが、昨日大型トラックを自分達で仕立てて現地へ入ったそうです


このたびの大震災では『計画の不備』などが非難されていますが

起きた過去のことをあれこれいうよりも、むしろ、このことを教訓にしてこれからの計画を立てていくべきではないでしょうか・・・

ただ、それぞれに『反省』も必要だと思います


『何の為に』

経験を生かして、これからの為に・・・