干し柿

2011年11月2日

今日は恒例の朝市

前回の朝市で、渋柿を見つけました『八珍』という平種無し柿で、一般には『おけさ柿・庄内柿』と呼ばれている種類で、種がなくて食べやすい柿です

焼酎で渋抜きをするのですが、干し柿にしても美味しい柿です

以前は、家にも木があったのですが、改築で切ってしまったので・・・

見つけた柿は、枝を少し残してあったのです!

枝が残っていると、干し柿にするのに重宝します・・・!

早速、値段の交渉

「これ、枝がついてるね! 手間がかかってるね!一個いくら?」

「う?ん・・・いくらにしようか・・・」

しばらく考えて「一個10円! 自分で選んで!」

私は50個買うといって、500円渡して、袋へいれましたが・・・

世間話をしながらだったからなのか、オツムが停滞してきたせいなのか・・・

夜に、干し柿にしようと、皮を剥いていたら

「あれ!何だか多い様だぞ?」

56個アリマシタ・・・

最後に「一個オマケネ!」といって一個入れたのは覚えていますが、5個ずつ数えているうちに間違えたようです

今日、お詫びしながら、第2弾の干し柿つくりの柿を買ってきましょう


干し柿のことですが、以前はカビがついて失敗の連続でした

天気のせいだ

と、思っていましたが・・・

九州の会員さんから「焼酎か熱湯で殺菌すれはいいんだよ」との情報

それからは、上手く美味しく出来ています

私は、皮を切らさず長く剥くことに快感をおぼえながら、秋の夜長を楽しんでいます

毎年、「センセイ!今年もできた?」といってくださる会員さんがいらっしゃいますので、それも励みに
なっているのでしょう・・・

そうそう、今年は名古屋の弟から『鮭トバ』のリクエスト

前回の朝市で6本の鮭を購入して冷凍庫で保存

吹雪の2月に、秘伝のタレ(?)につけて半身を3本に裂いて干します

今年は少し時間が取れそうなので、炭火で焼いた『鮭の焼き漬け』も・・・

「アッ!醤油ハラコも仕込まなくては・・・!」

コタツを出したら『甘酒』の仕込みも・・・

イ・ソ・タ・ノ!!!