三寒四温

2012年3月4日

3月3日はひな祭り

ここ村上も『お人形様めぐり』と銘打って、各家庭や商店に伝わる江戸時代のお雛様とか各種人形などを飾り、見学者を村上茶で接待するなどして、もてなしています

しかし、私の小さい頃は、4月3日がお雛様、6月5日が端午の節句といって月遅れでお祝いしました

多分に、雪解けや、端午の節句に作る笹ダンゴなどの材料がそのころ手に入りやすかったのではないでしょうか

埼玉県などでは、同じ地方でもお盆や節句のお祝いを月遅れでしたり、暦通りにしたりとまちまちでしたが

聞いてみると・・・

「お蚕様が忙しいから」など、農作業などの関係もあったようです

ともあれ、節句のお祝いや、豆まきなどの伝統行事には子供の成長や健康を願ったり、先祖の供養や家内安全などを祈るほか、農作物の豊作、天候の恵みなどを願う意味が込められています


会員さんの中に、赤道直下のエクアドルから来た方がいらっしゃいます

ご両親ももちろん日本人ですが

聞いてみると、現地の日本人コミュニティーでは

節分の豆まきなど季節の行事を大切にしていて、必ず行っているそうです

日本人の心や伝統を忘れないように・・・


四季のハッキリしている日本は、季節の移ろいも楽しめます


昨日は温かく、今朝は氷点下・・・

でも、青空です


一気に春めいてきました!!