資格

2012年3月29日

前回は「プロと素人」と題して書きました

治療の分野では国家試験に合格していることがプロの要件ともいえますが、施術や療術の分野(整体や各種療法など)には国家資格が存在しませんので、いわゆる独自の『認定資格』・・・つまり、民間資格(とでもいいましょうか)によって、一応の線引きがなされているようです

赤ひげ塾では12回目の研修時に総合練習と同時に「認定試験(任意)」を実施します

内容は、仙椎の修正と基本療法を中心に研修生同士で施術する・・・というものですが、一つ一つの技が確実に出来ているか? を見ます

当塾は、『全くの素人を12回の研修でプロに!』というコンセプトで研修を実施しています

では、たった12回で『プロ』になれるの???

認定試験に合格するということは、仙椎を中心とした骨盤全体を修正し、さらに全体のバランスを整えることが出来た!ということです

つまり、『バランスチェックで確認した患者さんの情報通り施術できる』という方を赤ひげ塾では『プロ』とみなし、『バランス活性療法師』として認定しています

たった12回で大丈夫??

大丈夫です!!

なぜなら・・・

施術者側が施術方針を決めるのではなく、患者さんの潜在意識からの情報により施術していく・・・

極端な言い方をすれば、経験とか修行が不要という結論になります

もちろん、経験や修行は大切ですが、定年を迎えて整体の道に入った方などは、経験を積んだり修行をしている時間は限られています

今日、今すぐ施術できなければ意味がありません

過去には、全くの素人が6回目の研修が終った段階で開業(プレオープン)した方も複数いらっしゃいます

新潟県の方は、チラシは一回こっきり!

逆転の発想で集客に成功しています


ここで、改めて『資格』ということを定義するならば

赤ひげ塾における療法師の資格とは・・・

「患者さんの立場で施術を考えて、潜在意識からの情報を確実に引き出すバランスチェックを使いこなせる療法師」ということになりますね!

バランスチェックを使いこなすということは、自分なりのバランス活性療法の世界が無限に広がることになります

楽しいですよ!!



『何の為に?』

患者さんの笑顔を、自分の糧としながらバランスチェックを追求し続ける!