ネットと家業

2012年8月27日

過日、近所の本屋に行ってみて驚きました

ガラリと様子が変っていて、店内が寒々としているのです???

欲しい雑誌(大相撲の)があったのでいったのですが、ありません

「取り寄せ出来ますか?」

「アマゾンへ注文したらいいよ」

エッ???

本の流通体系が変ってきましたね・・・

町の小さな本屋さんが立ち行かなくなってきているようです


電気製品もそのようです

お店には欲しい品物を確認に行くだけで、購入はネットで・・・


大手スーパーのショッピングモールに地元のお店が出店していますが、そこでもお惣菜屋さんが閉店しました

スーパーの食品売り場でのお惣菜コーナーが充実したのが原因ではないでしょうか?

今、コンビニが沢山ありますが、売り上げの一番は「おにぎり」だそうですね

スーパーでも、おにぎりが沢山売られています 

以前は、お惣菜はお総菜屋さん、肉は肉屋さんというふうに『家業』として営まれていましたが

今では、「売れるものは何でも売ろう!」


痛くない注射針を開発した「岡野工業株式会社」の代表社員岡野雅行氏は、家業である金型製作を継いだのですが、「金型だけでなくプレスの仕事もやりたい」と言ったら

父親に「ダメだ、他人の仕事を取るな」と反対されたそうですが

「だったら、他のプレス屋さんがしない仕事ならいいだろう」ということで

「難しいものや単価が安くて誰も手を出さない仕事のみをする!」

と決めて、アイディアと工夫で「世界的職人」とよばれています


「他人の邪魔をしない、他人のやらない仕事をやる!」

そこに、職人としての誇りと矜持を見ます


自分さえよければ良い???


今朝、「株式会社利他の蔵」というのを見つけました

良い社名ですね!



『何の為に?』

誇りをもって仕事を!!!