離乳食とアレルギー

2012年10月4日
五番目の孫の「光樹」くん

元気いっぱいママの母乳を飲んでいます

ありがたいことですね!

ミルク代もかからず、いつでも適温で持ち運びに便利、言うことなし!


幸いにも我が家の孫達はアトピーとかアレルギーではないのですが、患者さんにアトピーやアレルギーなどの相談を受けることがよくあります

我々は専門家でもないのでなかなか難しい問題ですが、ヒントになる情報がありますのでシェアーします

 
東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生の書かれた本『アレルギーの9割は腸で治る』に、腸内細菌のバランスが大切だと書いてありましたが、同時に、母乳を充分に与えられた赤ちゃんはアレルギーになりにくいそうです、また、早くから離乳食を与えられた赤ちゃんはアレルギーをおこしやすいとか・・・

これは、世界保健機構(WTO)でも認められていることですが・・・


藤田先生のご専門は寄生虫学と熱帯医学、感染免疫学で、寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞と、アレルギー研究の専門家です

本の内容は、東洋医学とも共通する観点で書かれています、つまり、人間も自然界の中に組み込まれた一つの生き物であって、自然と共生・調和していかなければならない、あまりに極端すぎる衛生観念は逆に免疫力の低下を招く・・・面白いです!

一度、お読みになることをお勧めします!


つづく・・・