薬アレルギー

2012年12月13日
患者さんの中には、薬に対してアレルギー症状を起こすために医師も処方箋を書けないという方がいらっしゃいます

もちろん薬局などで買って飲むこともできず、 風邪などで咳や鼻水が出ても自然治癒を待つしかない・・・

昨日、8月頃から具合が悪いという患者さんを診ました

一旦は治ったのだそうですが、ある会合で隣に座った人がタバコを吸っていて、その副流煙を吸ってからまた鼻水と痰、咽喉のイガイガが出てきて現在に至っている・・・とのこと

問診をすると、夏に水割りを結構飲んだし、カレーを良く食べていたそうです

陰陽五行では、肺と大腸は表裏一体の関係で、味は辛味が配当されています

お酒も辛味の一つと分類されていますので、カレーを良く食べたこととあいまって、大腸を刺激して肺に突き上げてきたものと思われます

腰痛と頭痛も訴えていましたが、BCすると、全身の骨格が歪んでバランスがくずれていました

施術すると、症状は消えたり、軽くなりましたがBCすると継続的な施術が必要とでます


要は、骨格の歪みが神経や血液、ホルモンの流れなどを阻害して、免疫力を下げて症状が出ていると考えられますが、薬を飲めない体質の方は自己治癒力を上げて対処するしかありません

バランス活性療法で全身の歪みを整えていくことで改善に向かうものと思われます


『何の為に?』

代替医療の一翼をになう!!