遺伝子

2013年8月27日

遺伝子とはなんと不思議で素晴らしいものなんでしょうか・・・!

私たちの身体を構成している60兆の細胞もたった1個の受精卵から分裂して人体を構成している

それも、遺伝子をコピーしながら分裂するので、60兆個の細胞は全て同じ遺伝子を持っている・・・

髪の毛も爪も皮膚も、胃袋も肝臓も肺も・・・

しかし、形も働きも違う

人間は顔のつくり(目が二つでその下に鼻があり、その下に口があるように)は共通しているが、親子でも違う

一卵性双生児は全く同じ遺伝子を持っているが、外部環境で違いが出てくるといわれる

なぜ???

1個の細胞の遺伝子には30億の莫大な情報が入っていて、その情報が発現するスイッチのON・OFFで働きや形態が現れるのだそうです

『笑いや感動は免疫力をあげる』といわれていますが、それは遺伝子のスイッチがONになった状態だそうで、実験によっても証明されている

であれば・・・

遺伝子のスイッチをONにすることが『治療』や『医療』なのではないでしょうか?

遺伝子は全ての情報をにぎっていますから、遺伝子と対話して教えてもらいましょう!

最近、バランスチェックで遺伝子さんと『お話』しています

おもしろいですよ!