Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/akahige-juku/www/test/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

メール

2014年9月21日

先日、10月18日に大阪市立港区民センターで開催する「研修説明会&体験施術会」への参加希望のメールが届きました

Nさんという方です

「先日、大阪支部の冨田先生に母を診ていただきました。母は腰が悪く過去に色んな整体師に診てもらいましたが結果が伴いませんでした。しかし、冨田先生にほんの少し診て頂いただけで独歩で歩く事が出来ました。母は『特に何もされてないのに、なぜ?』と疑問を抱いています。今回は塾長が来られるとの事ですので、その疑問を解消して頂きたいのです。また、冨田先生からも『2人で参加して色々聞いてください』と言われ、母と参加したいと思いますので、宜しくお願い致します。」・・・とのこと

このお母様にとっては「バランス活性療法」が不思議なのでしょうね、それまでにどのような整体を受けたかはわかりませんが、「特に何もされていないのに、なぜ?」という疑問が物語っているように思います

ボキボキしないし、アジャストもしない、もちろんマッサージまがいなこともしない、ただユラユラゆらしたり足首を回したり、牽引したり・・・と、今までの整体の常識とはかけ離れた手技ですから無理もありません

特に、バランスチェックはその最たるものです

何しろ、「術者が何も決めない、全て患者さんの遺伝子や潜在意識からの情報で施術する」というのですから

でも、これが人間の身体を改善させる最も理にかなった方法なのですが・・・

ご理解いただけるように、体験施術などを交えてご説明したいとおもっています