【赤ひげメルマガ#20】下を向く自信家はいない

2024年05月04日

※このコラムでは赤ひげ塾が毎週土曜に配信しているメールマガジンを一部編集してご紹介いたします。

#1~#11や最新のものはメールマガジンにご登録でお読みいただけます。

【メルマガの詳細・登録はこちら】


【2024年5月4日配信】
#20 下を向く自信家はいない



こんにちは!
整体師・赤ひげ塾講師の剣持 拓未(タクミ)です。




私の自己紹介はコチラからご覧ください。


ネガティブな気持ちになりやすい人にこのコラムが役立てば幸いです。



「今日も一日頑張ろう」



こんな言葉を使った事はありますか?
やる気を引き出し、一日元気に過ごすための魔法の言葉のひとつです。

そんな魔法の言葉ですが、最大級の効果を引き出すために必要な要素があります。

ちょっと自分自身の体で試してみてください。

「今日も一日頑張ろう」
この言葉を、

・身体を丸めて目線を下に
・背筋をピンと、胸を張って

それぞれ姿勢を変えて言ってみてください。
どちらが、やる気が出るでしょうか。

後者の「背筋をピンと、胸を張って」のほうだったと思います。




肉体の構造上、姿勢が悪いと肺がうまく動かせず、声がこもったり通らなくなったりします。
気合を入れる言葉が出力不足では、やる気もイマイチになってしまいます。

腰痛等の症状で苦しんでいる方の多くは、姿勢が悪く、声のトーンが低く、元気がありません。
痛みでツライわけですから、ポジティブにはなりにくいですよね。

アメリカの経済新聞「ウォールストリートジャーナル」で、こんな記事が掲載されました。

『姿勢良く座っている人と、前かがみに座るクセのある人を比較して、肝臓や脾臓などの体積に違いがあるかどうかを調べた研究は私の知っている範囲では存在しません。ですが、前かがみに座っている人が抑鬱や意欲の減退といった状態に陥ることはわかっています』

前かがみに座れば頭の重さを首の筋肉は上手に支えられません。
血行不良や筋肉の緊張を生み、頭痛や肩こりに悩まされることもあるでしょう。

それが精神的ストレスをつくり、睡眠不足や生活習慣の乱れを引き起こし、肉体への負担を増やしていきます。

身体⇒精神⇒身体・・・と、悪影響がループしていきます。



では、どのように解決すればよいのでしょうか。

対策はシンプルです。
まずは体を整えることから始めましょう。

肉体のバランスが整えば心にも余裕ができ、心のバランスが整っていきます。

当院では肉体的トラブルも精神的トラブルも、体の歪み・骨盤のズレを整えることから始めます。

また、姿勢の悪さは身体を支える筋肉が弱っていることも考えられます。適度な運動・柔軟体操のようなセルフケアも欠かせません。

美しい姿勢が自然にできるようになれば、心は元気になり、自信が湧いてきます。




ネガティブな感情に支配されがちな人は、まず運動から!と言いたいですが、普段から運動不足な人にとって運動のハードルは高いものです。

まずは普段より「ちょっとだけ」胸を張ってみてください。
呼吸のしやすさ、目線の変化が実感できたら、それを毎日少しずつ実践してみてください。

鏡を見る時に胸を張る・誰かと会う時に胸を張るなど、条件を設定しても続けやすくなります。

そうして少しでも心や体に余裕がでてきたら、
「ちょっと近所を散歩でもしてみようかな」
といった選択肢がでてきますよ!

姿勢良く胸を張って「今日も一日頑張ろう」と言えるように、ぜひ行動してみてください。



整体師・赤ひげ塾講師の剣持 拓未(タクミ)でした。



次回は大谷 あすみさんです。

お楽しみに。



※最新のコラムはメールで毎週土曜に配信しております。ぜひご登録ください。

【メルマガの詳細・登録はこちら】

体験施術
無料公開コース
お問い合わせ
資料請求